195484
学位授与機構・放送大学・社会人学生交流掲示板

[ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

この掲示板は、放送大学、大学評価・学位授与機構など、社会人学生全般の情報を交換することを目的としています。この他、雑談や議論も可能ですが、誹謗中傷やその他の目的外使用については、断ることなく書き込み削除を行います。なお、メールアドレスを入力されると、スパムやその他不正利用される恐れがありますので、WebMailを選ぶか、あえて書き込む方はメインのアドレスではなく、フリーメール等を取得されることをお勧めします。


[ 指定過去ログ (No.854) の関連スレッドを表示しています。 ]

はじめまして 投稿者: - 2010/06/09(Wed) 01:53:58 No.853
はじめましてオーストラリアに在住しているものでココアと申します。
こちらの大学で看護学士をとり、看護師として働いています。

日本で看護師免許を取って働くことを目指していますが、日本の看護学校を卒業していません。
学位授与機構で看護学士をとることで看護師国家試験資格の対象となったケースがあるのか、
ご存知でしたらお伺いしたいのですが。

私の経歴を簡単に申し上げますと、日本の最終学歴は高校の普通科で、看護師として働いた経験はなく、
こちらの大学に進学しました。オーストラリアの大学では全日制で3年の過程を経て審査を受け、
看護師免許取得にいたるのですが、厚生労働省に問い合わせたところ、規定時間数2895時間を満たしていない
など現状では看護師国家試験の対象にならないと言われました。
学士取得ですが履修時間数合計は1800時間しかないのです。

大学に編入することも考えましたが、国家試験を受け看護師免許取得が目的のため(できれば短かい時間で)
足りない時間数または単位を積み上げして学士が取れれば国家試験を受けることができるのでは
と思うのですが、厚生労働省からの返事を待っているところです。不安もあり、こちらに投稿させていただきます。

またアドバイスなどありましたらお伺いできたらと思います。よろしくお願いします。

Re: はじめまして 投稿者: - 2010/06/09(Wed) 07:53:38 No.854   HomePage  
ココアさん

> 学位授与機構で看護学士をとることで看護師国家試験資格の対象となったケースがあるのか、
> ご存知でしたらお伺いしたいのですが。

残念ながらありません。
いろいろお調べになったことからご存じかと思いますが、ココアさんのケースでは、学位授与機構で学士(看護学)を取得することはできても、看護師国家試験の受験資格を付与する学校を修了したことにはならないため、無理だと思います。
もちろん、これは現行制度において、規定をそのまま解釈すると、修了・卒業にならないからであって、「大学卒業と同等と見なす」という学位授与機構の趣旨からすれば矛盾します。

こちらも見ましたが、やはり現行では「無理」という印象がします。
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/5a.html

> またアドバイスなどありましたらお伺いできたらと思います。よろしくお願いします。

まぁ、強いて言えば、日本ではフィリピンなどから看護師を受け入れて、3年以内に国家資格に合格したら、看護師資格と共に在留資格も与えるという制度を持っています。
しかし日本語能力の問題から、不合格者が相次いでいることを鑑みると、「海外で働いていた日本語のできる看護師」を同じような制度で受け入れることは国益に反しないような気がします。

特別法を制定し、一定の要件を満たした者に看護師資格を付与するという制度があっても良さそうです。

制度を作るとなると、何だかんだと問題はありますが、そういう制度に興味を持つ民主党の国会議員を2〜3人知っているので、話を振ってみることだけはできます。

興味があれば、直接メールをください。


Re: はじめまして 投稿者: - 2010/06/09(Wed) 09:04:13 No.855
松本さん

貴重なアドバイスありがとうございます。こんなに早く返事がいただるなんて感激です。

国際間で資格や学校制度の違いなどで受け入れにくいというのは日本の古い体質から
考えて予想していましたが、担当部の対応にがっかりしています。

生粋の日本人なのに、海外の大学で看護師免許を取ったがゆえに外国人看護師と同等
またはそれ以下の対応しかしていただけないのが残念です。
フィリピンやインドネシアの皆さんは学歴も高く経験も豊富で難関の選考を
パスしたかたばかりと思いますが、私も正看護師として働いてきましたし、
私と似たような境遇で、なかなか行動に移せない方もいらっしゃると思います。

松本さんの考え方:
「大学卒業と同等と見なす」という学位授与機構の趣旨からすれば矛盾します。
私も理解できていません。

話はそれますがオーストラリアも慢性的な看護師不足といわれています。国の制度、
認定機関、医療施設の対応、受け入れが整っていているので、こちらの病院では国際色
豊かなスタッフに囲まれて働けます。現在の看護師不足の現状や、将来の日本の医療制度
また高齢化社会について考えるとき、今後対応の変化は避けられないのではとも考えます。

特別な方法を時間をかけて見つけ出すか、看護大学に編入するしか手段はないのですね。
家族や年齢の事もあり、なかなか決断できないのが現状です。もう少し考えてみます。

放送大学  大学評価・学位授与機構

法曹大学  学位授与機構研究所  理事長ブログ


- YY-BOARD - / HOUSO UNIVERSITY
- Antispam Version -